ライブカジノとは

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

ABOUT人文学部について 学部長あいさつ 動画で見る人文学部 留学について 『学部案内』 すべてのメニューを見る EDUCATION教育・研究・教員 カリキュラムの特色 研究への取り組み 主専攻プログラム 教員紹介 すべてのメニューを見る ADMISSIONS入試情報 選抜要項・募集要項 オープンキャンパス 入試に関する資料請求・お問い合わせ すべてのメニューを見る CAREER就職・進路情報 CONTACTお問い合わせ 在校生の方へ 卒業生・地域の方へ English etc. 新潟大学公式サイト 交通アクセス ABOUT人文学部について すべてのメニューを見る 学部長あいさつ 動画で見る人文学部 留学について 『学部案内』 EDUCATION教育・研究・教員 すべてのメニューを見る カリキュラムの特色 研究への取り組み 主専攻プログラム 教員紹介 ADMISSIONS入試情報 すべてのメニューを見る 選抜要項・募集要項 オープンキャンパス 入試に関する資料請求・お問い合わせ CAREER就職・進路情報 CONTACTお問い合わせ 在校生の方へ 卒業生・地域の方へ English etc. 新潟大学公式サイト 交通アクセス 研究への取り組み 人文学部の研究プロジェクト 私たち新潟大学人文学部では、平成16年4月の国立大学法人化に際し、日本海沿岸地域の地域拠点という新潟の地理的な環境をふまえた「環日本海地域研究」、人文科学の伝統を基盤とする「人間行動研究」、同じく「テクスト論研究」、および21世紀の新しい課題である「比較メディア研究」という四つの重点的な研究領域を設けました。そしてこれを契機に、研究領域ごとに複数の研究プロジェクトを組織して、日常的な研究活動を行っています。 さらに大学内のコアステーションによる研究や、地域社会と連携した研究活動も展開しています。このような共同研究と、従来から行われてきた個人研究とが、人文学部の研究活動の両輪ということができます。 また研究成果の発信にも力を入れ、学部の発足当初から発行している紀要『人文科学研究』に加え、さらに、教員の研究成果を著書にまとめた「研究叢書」や「人文選書」等の定期刊行物を社会に送り出しています。研究活動を促進するために、競争的研究資金の獲得にも積極的に取り組んでいます。そしてこのような資金によって、学内や国内はもとより、国際的な共同研究も推進しています。それぞれの詳細については、各項をご覧下さい。 コア・ステーション コア・ステーションは、学部、研究科等の既存の学内組織にとらわれない本学の教員等のグループが、高度な大学教育プログラムの開発や卓越した研究拠点の形成を目指して行う教育・研究活動を、申請に基づき学長が認定する制度です。 新潟大学 コア・ステーション https://www.niigata-u.ac.jp/contribution/research/information/outline/ 人文学部附置センター 人文部学部附置センターとして、「地域文化連携センター」と「越佐・新潟学推進センター」があります。詳細はこちらをご覧ください。各センターには以下のウェブサイトがあります。 地域文化連携センター https://www.human.niigata-u.ac.jp/visitor/generalRenkei 越佐新潟学推進センター地域映像アーカイブ部門 https://arc.human.niigata-u.ac.jp/malui/index.html#!page1 人文社会科学系附置センター 人文学部の教員が代表者を務めるセンターが複数あります。詳細はこちらをご覧ください。 関連ウェブサイト 各教員が関係するさまざまな研究プロジェクトのサイトへのリンクです。 人間学ブログ 人文学部心理・人間学主専攻プログラムの人間学分野の紹介と最新情報をお届け。 新潟哲学思想セミナー (Niigata Philosophy Seminar:通称 NiiPhiS[ニーフィス]) 2009年に新潟大学を中心に立ちあがった公開セミナーです。新潟における知の交流の場となるよう、毎回、精力的にご活躍の講師をお招きして、哲学・思想にまつわる諸問題に積極的に取り組んでいきます。参加費不要です。どなたでもご自由にご参加ください。 新潟歴史資料救済ネットワーク 新潟県中越地震を機に結成された、災害から歴史資料を守るためのボランティアグループ。県内の大学教員、博物館学芸員や諸個人と緩やかなネットワークを構成して活動。 新潟大学大学院 現代社会文化研究科 環日本海研究室 マナラボ 環境と平和の学びデザイン 子どもや市民を中心に、地域研究者や文化人類学者、俳優、ファシリテーターらが集い、〈頭〉だけではなく〈身体〉を使い、「共に構成し理解を深める学びの場」としてのワークショップやプロジェクト実践を行うプラットフォーム。 新潟大学言語研究会(NULC) 新潟大学や近隣の大学における言語研究者・大学院生の研究成果の発表、研究情報交換の場として、新潟大学人文学部の言語学系教員が中心となって運営している研究会。 最近のトピックス 2024/04/18研究 高橋秀樹教授の平家琵琶継承活動がNSTで特集されました 人文学部の後援も受けて平家琵琶の継承承動に取り組んでいる高橋秀樹教授の活動が、新潟総合テレビ(NST)の「Newsタッチ」(毎週月~金曜18:09~19:00放送中)で特集されました。高橋教授の専門分野は西洋古代史・西洋古典学ですが、前田流平家琵琶演誦者としても活動してます。 特集動画「専門は西洋の歴史!大学教授がつなぐ800年の日本の伝統文化“平家琵琶”」はYouTubeのNSTニュース配信専用チャンネルでご覧頂けます。授業や研究室、キャンパスの様子も知ることができ、取材を受ける学生も登場しています。ぜひご覧ください。 2024/04/01研究 【ご支援ありがとうございました】クラウドファンディング成立 2月14日から3月29日までAll or Nothing方式で実施しました研究支援クラウドファンディング「なぜマイノリティは周りにいないと思うのか?認知心理学で解明したい!」(人文学部・新美亮輔准教授)は、無事に目標金額を達成し、成立いたしました。皆様のあたたかいご支援・ご協力に、深く感謝を申し上げます。 いただいたご寄付は新潟大学の会計部門において厳正に管理し、研究プロジェクトに役立たせていただきます。本研究プロジェクトの進捗はREADYFORプロジェクトページの「活動報告」でも随時お知らせする予定です。 なお、新潟大学ではクラウドファンディングのほか、学生の修学支援などのために広く寄附・サポートを受け付けております。詳しくは以下のページをご覧ください。 新潟大学 寄付・サポート 2024/03/26研究 ブックレット新潟大学『新潟医科大学の俳人教授たち』が刊行されました 「ブックレット新潟大学」のシリーズの1冊として、人文学部の中本真人准教授が執筆した『新潟医科大学の俳人教授たち』(新潟日報メディアネット)が刊行されました。「ブックレット新潟大学」は、新潟大学大学院現代文化研究科から刊行されている一般向けの小冊子です。このシリーズでは、中学生や高校生には学問の入口になるように、また一般には学問の面白さに触れてもらえるように、読みやすさを優先して執筆されています。 本書では、新潟医科大学(のちの新潟大学医学部)の教授であった中田みづほ、浜口今夜、高野素十、及川仙石らを取り上げ、高浜虚子との関わりや、俳句史における影響などを紹介しました。新潟医科大学に有名な俳人が集まっただけではなく、新潟医科大学から多くの俳人が育った事実も示しています。 目次 はじめに 序章 虚子の新潟医科大学附属病院入院 入院生活の虚子 入院中の句会 虚子の入院生活を支えた俳人たち 第一章 中田みづほと俳誌『まはぎ』創刊 帝大俳句会時代のみづほ みづほの新潟医科大学赴任 浜口今夜と新潟医大俳句会の発足 俳句雑誌『まはぎ』創刊 みづほの『ホトトギス』選者、同人推挙 「句修業漫談」の連載 第二章 高野素十と新潟医科大学 「秋櫻子と素十」の『ホトトギス』転載 秋櫻子の『ホトトギス』離脱 素十の新潟医科大学着任 みづほの妻 萋子の活躍と早世 衛生学教授 及川仙石 新潟医科大学の四俳人教授時代 第三章 花鳥諷詠の拠点 新潟医科大学 武蔵野探勝会の新潟開催 虚子の佐渡初訪島 素十の「当季雑詠」選者就任と今夜の死 みづほ、素十が育てた俳人医師たち 新潟医科大学と俳人教授たちのその後 おわりに 2024/03/18研究 横山仁史助教が日本うつ病学会 2023 年 下田光造賞を受賞しました 横山仁史助教が日本うつ病学会 2023 年 下田光造賞を受賞しました。 日本うつ病学会下田光造賞は、日本を代表する躁うつ病研究の業績を残した下田光造を記念する賞で、気分障害の医学の進歩に最も貢献した研究論文を執筆した筆頭著者に授与されるものです。対象となる論文は、日本うつ病学会の会員歴を2年以上有している者が、選考の前年1年間に発表した論文です。 今回受賞した論文は「Trace of depression : Network structure of depressive symptoms in different clinical conditions.」というタイトルで、症状間の相互作用に着目した精神病理ネットワークモデルを用いて、様々な臨床状態におけるうつ症状の複雑な関係性を検討しました。その結果、うつ病症状の消失後であっても、一度うつ病を経験した患者にはうつ病の痕跡が残されていることを明らかにしました。 下田光造賞については、詳しくは日本うつ病学会のHPをご覧ください。 受賞論文については、「人プロ」ブログの記事でも紹介しています。 » トピックス一覧を見る 人文学部学生プロジェクト 地域文化連携センター 事務部(学内専用) 人文学部について 学部長あいさつ 動画で見る人文学部 留学について 『学部案内』 すべてのメニューを見る 教育・研究・教員 カリキュラムの特色 研究への取り組み 主専攻プログラム 教員紹介 すべてのメニューを見る 入試情報 選抜要項・募集要項 オープンキャンパス 入試に関する資料請求・お問い合わせ すべてのメニューを見る 就職・進路情報 お問い合わせ 受験生の方へ--> 在校生の方へ 卒業生の方へ 地域の方へ 交通アクセス 交流協定 留学状況 English etc. サイトマップ © 人文学部学務委員会・情報委員会. All Rights Reserved. ↑

リップルエンターテイメント評判 賭けベット トルコサッカーfifaランク スイスリーグレベル
Copyright ©ライブカジノとは The Paper All rights reserved.