登録ボーナスギャンブル

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

ニュース 日本酒学とは センターについて 施設・設備 メンバー 教 育 研 究 情報発信 国際交流 アクセス お問い合わせ JP/ EN        ニュース News 2024.01.22 研究 令和5年度第4回日本酒学セミナー「日本酒学産業におけるテロワールの戦略的活用について」を開催しました 2024年1月15日、日本酒学センター協力教員の曾 國哲 助教(経済科学部)による令和5年度第4回日本酒学セミナー「日本酒学産業におけるテロワールの戦略的活用について」を開催しました。 ワインの世界で用いられてきた「テロワール」という言葉が日本酒業界において使われるようになった時期(when)やその戦略的活用方法(how)、理由(why)について、新聞データを基に単純集計とKH Coder(※1)を用いて分析した研究結果を紹介いただきました。 掲載論文: Kuo-Che Tseng, Yasuyuki Kishi (2023). Strategic utilization of terroir in Japanese sake industry. International Journal of Wine Business Research, Vol. 35 No. 4, pp. 505-520. テロワール新聞記事での共起現象の分析(KH Coder使用)   (※1)KH Coderとは、計量テキスト分析またはテキストマイニングのためのフリーソフトウェア(自由ソフトウェア)です。(KH Coderウェブサイトより引用) 令和5年度第5回日本酒学セミナーは2024年3月を予定しています。 ※「日本酒学セミナー」は新潟大学内の教職員向けセミナーです。 一覧に戻る 次の記事へ > 最近の投稿 2023年度 研究業績集と外部資金獲得状況を公開しました 「新潟文化物語」で日本酒学センターの取組が紹介されています 岸 保行 副センター長が「2024 Miss SAKEナデシコプログラム」で講師を務めました 日本酒学センター協力教員の砂野 唯 助教の研究が新潟大学ウェブマガジンEvergreenで紹介されています 畑有紀 特任助教がフィンランド国立図書館でのセミナー「日本の物語と食」を開催しました カテゴリー イベント トピックス 教育 研究 アーカイブ 2024.05 2024.04 2024.03 2024.02 2024.01 2023.12 2023.11 2023.10 2023.09 2023.08 2023.07 2023.05 2023.04 2023.03 2023.02 2023.01 2022.12 2022.11 2022.10 2022.09 2022.08 2022.07 2022.06 2022.05 2022.04 2022.03 2022.02 2022.01 2021.12 2021.11 2021.10 2021.09 2021.08 2021.07 2021.06 2021.05 2021.04 2021.03 2021.02 2021.01 2020.12 2020.11 2020.06 2020.05 2020.03 2020.02 2019.12 2019.11 2019.10 2019.09 2019.08 2019.06 2019.05 2019.03 2019.02 2019.01 2018.12 2018.11 2018.09 2018.08 2018.06 2018.05 2018.04 2018.03 2017.08 2017.05 新潟大学日本酒学センター 〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地 TEL.025-262-7695 サイトポリシー プライバシーポリシー ソーシャルメディアポリシー Copyright@Sakeology Center, Niigata University All right reserved.

サラ・ソリベス・トルモ sizzling意味 ブックメーカーおすすめ 麻雀ウェルカム
Copyright ©登録ボーナスギャンブル The Paper All rights reserved.