ACE CASINO エースカジノ|オンラインカジノ業界No.1還元!

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

研究者データベース 研究者詳細 ホーム English このページはJavascriptを使用しています。すべての機能を使用するためにはJavascript を有効にする必要があります。   基本情報   基本情報   学位   研究キーワード   研究分野   学歴   所属学協会   研究活動   論文   書籍等出版物   講演・口頭発表等   受賞   科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績   その他競争的資金獲得実績   受託研究受入実績 2024/03/20 更新 齊藤 暁 (サイトウ アカツキ) SAITO Akatsuki 所属 農学部 獣医学科 職名 准教授 外部リンク このページの先頭へ▲ 学位 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 学位 【 表示 / 非表示 】 博士(生命科学) ( 2011年3月   東京大学 ) このページの先頭へ▲ 研究キーワード 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 研究キーワード 【 表示 / 非表示 】 獣医微生物学 このページの先頭へ▲ 研究分野 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 研究分野 【 表示 / 非表示 】 その他 / その他  / 獣医微生物学 このページの先頭へ▲ 学歴 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 学歴 【 表示 / 非表示 】 東京大学   新領域創成科学研究科 - 2011年3月   詳細を見る 国名:日本国 宮崎大学   農学部   獣医学科 - 2008年3月   詳細を見る 国名:日本国 このページの先頭へ▲ 所属学協会 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 所属学協会 【 表示 / 非表示 】 日本エイズ学会 日本獣医学会 日本ウイルス学会 このページの先頭へ▲   論文 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 論文 【 表示 / 非表示 】 Host ZCCHC3 blocks HIV-1 infection and production through a dual mechanism. 査読あり Yi B, Tanaka YL, Cornish D, Kosako H, Butlertanaka EP, Sengupta P, Lippincott-Schwartz J, Hultquist JF, Saito A, Yoshimura SH iScience   27 ( 3 )   109107   2024年3月  詳細を見る 担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   DOI: 10.1016/j.isci.2024.109107 PubMed Virological characteristics of the SARS-CoV-2 BA.2.86 variant. 査読あり Tamura T, Mizuma K, Nasser H, Deguchi S, Padilla-Blanco M, Oda Y, Uriu K, Tolentino JEM, Tsujino S, Suzuki R, Kojima I, Nao N, Shimizu R, Wang L, Tsuda M, Jonathan M, Kosugi Y, Guo Z, Hinay AA Jr, Putri O, Kim Y, Tanaka YL, Asakura H, Nagashima M, Sadamasu K, Yoshimura K, Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium, Saito A, Ito J, Irie T, Tanaka S, Zahradnik J, Ikeda T, Takayama K, Matsuno K, Fukuhara T, Sato K Cell host & microbe   32 ( 2 )   170 - 180.e12   2024年2月  詳細を見る 記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   DOI: 10.1016/j.chom.2024.01.001 PubMed Virological characteristics of the SARS-CoV-2 Omicron XBB.1.5 variant. 査読あり Tamura T, Irie T, Deguchi S, Yajima H, Tsuda M, Nasser H, Mizuma K, Plianchaisuk A, Suzuki S, Uriu K, Begum MM, Shimizu R, Jonathan M, Suzuki R, Kondo T, Ito H, Kamiyama A, Yoshimatsu K, Shofa M, Hashimoto R, Anraku Y, Kimura KT, Kita S, Sasaki J, Sasaki-Tabata K, Maenaka K, Nao N, Wang L, Oda Y, Genotype to Phenotype Japan (G2P-Japan) Consortium, Ikeda T, Saito A, Matsuno K, Ito J, Tanaka S, Sato K, Hashiguchi T, Takayama K, Fukuhara T Nature communications   15 ( 1 )   1176   2024年2月  詳細を見る 記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   DOI: 10.1038/s41467-024-45274-3 PubMed Genetic regions affecting the replication and pathogenicity of dengue virus type 2. 査読あり Samune Y, Saito A, Sasaki T, Koketsu R, Srimark N, Phadungsombat J, Yokoyama M, Kotani O, Sato H, Yamanaka A, Haga S, Okamoto T, Kurosu T, Nakayama EE, Shioda T PLoS neglected tropical diseases   18 ( 1 )   e0011885   2024年1月  詳細を見る 記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   DOI: 10.1371/journal.pntd.0011885 PubMed Generation of a Porcine Cell Line Stably Expressing Pig TMPRSS2 for Efficient Isolation of Swine Influenza Virus. 査読あり Tanaka YL, Shofa M, Butlertanaka EP, Niazi AM, Hirai T, Mekata H, Saito A Pathogens (Basel, Switzerland)   13 ( 1 )   2023年12月  詳細を見る 担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   DOI: 10.3390/pathogens13010018 PubMed 全件表示 >> このページの先頭へ▲ 書籍等出版物 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 書籍等出版物 【 表示 / 非表示 】 実験医学 齊藤暁、入江崇.( 担当: 共著 ,  範囲: SARS-CoV-2デルタ株の高病原性メカニズムの解明) 羊土社  2022年5月   詳細を見る 記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書 このページの先頭へ▲ 講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示 】 Host ZCCHC3 blocks HIV-1 infection and production by a dual mechanism 招待あり 国際会議 Akatsuki Saito 2nd Internasional Conference on Animal and Human Medical Science (ICAH)   詳細を見る 開催年月日: 2023年8月5日 会議種別:口頭発表(招待・特別)   Host ZCCHC3 blocks HIV-1 infection and production by a dual mechanism 国際会議 Akatsuki Saito Summer BIOCEV (mini) Symposium   詳細を見る 開催年月日: 2023年6月23日 会議種別:口頭発表(招待・特別)   A zinc-finger-containing protein ZCCHC3 is a novel antiretroviral host factor. 招待あり 国際会議 Akatsuki Saito PICREID Mid-term meeting.   詳細を見る 開催年月日: 2023年1月19日 - 2023年1月20日 記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)   Genotype to phenotype Japan (G2P-Japan) consortium-based collaboration to elucidate the virological characteristics of SARS-CoV-2 variants. 招待あり 国際会議 Akatsuki Saito. The 2nd France-Japan symposium on HIV/AIDS and Infectious Disease Basic Research   詳細を見る 開催年月日: 2022年11月4日 - 2022年11月6日 記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)   A zinc-finger-containing protein ZCCHC3 is a novel antiretroviral host factor. 招待あり 国際会議 Akatsuki Saito, Binbin Yi, Yuri L Tanaka, Erika P Butlertanaka, Shige H. Yoshimura. 23rd Kumamoto AIDS Seminar   詳細を見る 開催年月日: 2022年10月31日 - 2022年11月2日 記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)   このページの先頭へ▲ 受賞 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 受賞 【 表示 / 非表示 】 論文賞 2022年6月   特定非営利活動法人日本オゾン協会   Inagaki H, Saito A, Sudaryatma PE, Sugiyama H, Okabayashi T, Fujimoto S.  詳細を見る 受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  技術賞 2021年7月   特定非営利活動法人 日本オゾン協会   齊藤暁  詳細を見る 受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  このページの先頭へ▲ 科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示 】 ポストコロナ時代を見据えた学際ウイルス学研究の推進 研究課題/領域番号:23K20041  2023年04月 - 2030年03月 独立行政法人日本学術振興会  科学研究費基金  国際共同研究加速基金(国際先導研究)  詳細を見る 担当区分:研究分担者  動物フォーミーウイルスベクターの基盤構築と牛伝染性リンパ腫ワクチンの開発 研究課題/領域番号:22H02500  2022年04月 - 2026年03月 独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)  詳細を見る 担当区分:研究分担者  ゲノムワイドスクリーニングに基づくSFTS発症小動物モデルの樹立と治療開発展開 研究課題/領域番号:21H02361  2021年04月 - 2026年03月 独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B) 岡林 環樹、斎藤 暁、山田 健太郎  詳細を見る 担当区分:研究分担者  インターフェロン誘導性宿主因子によるフラビウイルス宿主域決定機序の体系的理解 研究課題/領域番号:19K06382  2019年04月 - 2022年03月 科学研究費補助金  基盤研究(C)  詳細を見る 担当区分:研究代表者  このページの先頭へ▲ その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示 】 ヒトin vitro高次評価系を用いたサル痘ウイルス(2022年アウトブレイク株)の性状解析 2023年04月 - 2024年03月 国立大学法人京都大学(AMEDの再委託)  新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業   詳細を見る 担当区分:研究代表者  長期作用型HIV-1 CA阻害剤の安定的活用に資する学術的基盤構築 2023年04月 - 2024年03月 名古屋医療センター(AMEDの再委託)  エイズ対策実用化研究事業   詳細を見る 担当区分:研究代表者  このページの先頭へ▲ 受託研究受入実績 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 受託研究受入実績 【 表示 / 非表示 】 ヒトin vitro高次評価系を用いたサル痘ウイルス(2022年アウトブレイク株)の性状解析 2023年04月 - 2024年03月 国立大学法人京都大学  国立研究開発法人日本医療研究開発機構 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業   詳細を見る 担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究 長期作用型HIV-1 CA阻害剤の安定的活用に資する学術的基盤構築 2023年04月 - 2024年03月 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター  国立研究開発法人日本医療研究開発機構 エイズ対策実用化研究事業   詳細を見る 担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究 エイズウィルス完全排除を目指すワクチン開発に関する研究 2023年04月 - 2024年03月 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所  国立研究開発法人日本医療研究開発機構 エイズ対策実用化研究事業   詳細を見る 担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究 エイズウィルス完全排除 2023年04月 - 2024年03月 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所  一般受託研究   詳細を見る 担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究 新型コロナウイルス感染症の克服に向けたコンソーシアム研究の展開 2023年04月 - 2024年03月 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構   一般受託研究   詳細を見る 担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究 全件表示 >> このページの先頭へ▲   Copyright © University of Miyazaki. All Rights Reserved

ホットニュース

カジノミーの完全ガイド|ボーナス・登録・入出金方法【2023年 ... RIZINにビーベットで賭ける!対戦カード・オッズ・プロモーション ... ビーベットは違法ですか? 優雅堂出金本人確認なし
Copyright ©ACE CASINO エースカジノ|オンラインカジノ業界No.1還元! The Paper All rights reserved.